家売却 家を売る

家を売る!家売却で家高く売る方法は1つ?

家を売るなら高く売る方法で一番高く売りたい

同じ家を売却しても、売り方次第で売却額が違う?

家売却で差が出る

家売る査定で高く売れた人もいる!

自宅を売る売却値を下げても売れなかった人もいる!

家を売ると思た時、

誰しも高値の売却値が脳裏をよぎりますね・・・

でも家を売る

一戸建て査定のコツを押さえないと

家を高く売ることはできません

そこには家売却に成功した多くの事例にみられるたった1つの共通の方法があるのです

結論は、成功者の大半が、

高く売れた理由と感じている事を外してはいけないのです

家売却で

自宅を売る時に家が高く売却できた成功者のたった一つの共通した方法とは?

基本的にするべきことはしておく

売却物件に特異な要素があれば付加的なポイントとして強調すればいいだけでなのですね

家売却で

売却する前にリフォームする必要がないのにしても無駄!

成功者に共通してみられるたった一つの共通の方法は?

家を売る時には

必ず複数の不動産業者に査定を依頼しましょう!

損する可能性が一番高いやり方は

一社だけに家売却査定の依頼をして

その価格で査定した業者の言われるままに

家の売却や買取契約をしてしまうことです!

家売却査定が一社だけだと

査定額が売れる可能性がない高値なのか?

著しく安い売却値なのか?

判断することが困難です!

家を売る時には

必ず複数業者に家を売る査定を依頼して

査定額が適切かどうか?

納得のいく判断をしてから売却依頼をしましょう!

複数業者から家の査定額を入手すれば

簡単に比較できるので

家を高く売る相場観まで自然と分かります

家を売る

家を売る理由は税金や離婚!

相場に注意の費用・ローン手数料~査定

相続で家を売る場合でも

転勤や住み替えで家を売る時も

離婚や介護で家を売る場合でも

すべて家を売る理由が異なっても

考えている一番のポイントは

高額売却ですよね???

では家を高く売る為に何をすればいいのか?

家を売る 手続きから見た家を売る 手順をしっかり頭に描く必要があります

家を売る 手続きで失敗しないためにも家を売る 注意点を抑えることがポイントです!

まず家を売る 相場をしっかり把握しましょう!

家を売る 費用家を売る 手数料も調べないと、

家を売る 税金の特別控除を知らないとローン中の家を売るケースなどでは

家を売る 費用の総計が予想外に高くつき、

結局、夢占い 家を売る様な、計画性のない家売却結果となってしまいます

不動産屋ではないので古い家を売る ことになるので家 売却 税金がどうなるのか?

家 売却 相場はいくら位?

不動産関連の法律は広範囲にわたっており

仕事の合間に全部マスターするのは至難の業でしょう!

生涯に不動産マンションの売買経験なんて希少な体験になることは間違いありません

でも不動産は奥が深く手ごわい相手です

売買でも賃貸でも、

不動産関連の契約が必須の条件になります

こう考えるだけでも安易に不動産会社を選べない?

まして見ず知らずの不動産会社に飛び込んで、

たまたま巡り合った営業担当者に全財産を任せてもいいの?

そんな不安をだれも感じるのが不動産売買の現実でしょう・・・

そんな中、他人より家を売らなけらばならない思いが錯綜しています

で、一番重要なのはお金!

つまりいくらで家が売れるの?

自宅売却額の適正な相場観を掴まないといけないですね!

たった一軒だけの不動産屋さんに

そんな値段じゃ家売れないよ!ってあっさり突き放され

1人落ち込むのは勝手ですが・・・

その安値売却額を提示された金額が、果たして適正売却額なのか?

そこが重要なポイントなのです!

高いか安いのか?

分からないで不動産屋の言い値で売買することだけは避けたいと思いませんか?

だから、不動産売却一括査定が人気なのですよ♪

複数の不動産会社に一括で売却予想額の見積もり依頼をすれば

およその相場観が掴めることは自然なことなのです!

家の売却予想額を一番簡単に調べる方法は家 売却 査定が手っ取り早いでしょうね?

いずれにせよローン中の家を売る なら、家を売る時にかかる費用も大きなポイントとして念頭に入れておきましょう!

家売却の不動産業者選び

無料一括不動産査定会社の査定結果をもとに、不動産会社を決定します。

それが、今や効率の良い、そして売り手にとって一番とは言いませんが、良い方法の一つと言えます。

時間が無い方、どこの不動産会社を選べば良いかわからない方にとっては、非常に使いやすくメリットの大きい手段と言えます。

不動産会社が決まれば、訪問査定をしてもらい、ほぼ正確な査定額を算出してもらいます。

その対応や査定金額をもとに、この不動産会社と契約してするかどうを決めます。

ここで、万が一、不動産会社の対応が悪く契約したくない場合は、はっきりと断る言も大事です。

不動産一括査定会社の中には、不動産会社に断り連絡を代わってしてくれるところもありますので、自信のない方は、そのサービスを目的に査定会社を選ぶのもいいと思います。

査定会社もかなりの競争率で、なかなか選ぶにも迷います。

そんな中で、会社ごとに特徴があります。

その特徴を比べ自分に合ったサービスを探してみて下さい。

そこで、売却の仲介依頼となれば、媒介契約を結ぶことになります。

媒介契約をする際、不動産会社は物件(土地・建物)の広告掲載時、取引する際の不動産取引上の「立場」を明確にしなければなりません。

その明示することが、宅地建物取引業法第34条で義務付けられています。

その「立場」により、不動産態様で仲介手数料の有無や手続き範囲が異なってしまうのです。

この「立場」は、3つに分かれます。「売主」「代理」「仲介」この3つです。

「売主」とは、不動産会社が所有者であり、その所有している土地や建物を直接売ったり買ったりするものです。

その為、仲介手数料は発生しません。

「代理」とは、売主・貸主の代理で手続きを行います。

仲介手数料は基本的には発生しますが、契約内容によっては仲介手数料が無い場合もあります。

「仲介」とは、売主・買主、もしくは貸主・借主のそれぞれの間に立ち取引を行うものです。

この場合は必ず仲介手数料が発生いたします。

このように、「立場」により仲介手数料が発生したりする事を明確にするためにも、明示が義務付けられています。

媒介契約を締結するのですが、媒介契約とは、売却依頼する不動産会社に、

依頼する業務内容や具体的なサービス内容、範囲、仲介するにあたっての手数料を明確にする契約のことです。

仲介業務トラブルを防ぐために仲介依頼を受けた不動産会社は、媒介契約の締結が宅地建物取引業務法第34条の2により義務付けられています。

また、その媒介契約も3種類に分かれています。

その種類が次の通りです。専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約です。

専属専任媒介契約:不動産会社1社に絞り、契約します。
一回の契約は3か月以内です。

更新もできるでしょうが。

他の不動産会社に媒介契約を媒介契約中に依頼することは、禁じられています。

いくつかの法規制があり、拘束力が強いのです。

しかし、全てをお任せしたいという方には、良い契約ではないでしょうか。必ず買い手が見つかると利益を生むため一生懸命動いてくれます。

また、仲介状況の報告も週1回はしてくれます。その為、相談しやすく頼りになります。

また、不動産会社は、売却に大きなメリットである指定流通機構(レインズ)に5日以内に掲載する必要があります。

しかし、売主が、たまたま自分の知り合いや身内などから買主を見つけても、必ず不動産会社を通さなくてはいけません。

要するに、必ず仲介手数料が発生してしまうのです。

指定流通機構(レインズ)とは、不動産物件の流通を円滑にするため多くの不動産業者が加盟している不動産情報ネットワークを運営している公益法人です。

国土交通大臣がら指定を受け、全国4つの指定流通機構により運営されています。

法律に基づいているため、安心適正価格での取引をスピーディーにできる場となっています。

専任媒介契約:専属専任媒介契約と似ています。

契約も3か月以内となっています。

ただ違いは、売主が自分で見つけた買主には、不動産会社を通して契約しなくて良い ということになっています。

こちらは、指定流通機構(レインズ)に7日以内に掲載する必要があります。

他には、仲介状況の報告は2週間に1回以上ということになっています。

専属より少し拘束力が抑えられた感じかもしれません。

一般媒介契約:何社もの不動産会社に同時に仲介依頼が出来る契約です。

自分で買い手も探すこともでき、不動産会社を通さずに契約もできます。

自分で買い手が見つけられず、お任せする場合には、最終的に一社との取引に決めます。

もちろん買い手を紹介してくれた不動産会社と言うことになります。

この媒介契約の場合、状況報告の必要はありません。

また、その為、契約期間の取り決めはありません。

何社もの不動産会社との契約の為、動いても仲介手数料がもらえるかわからないことから、あまり積極的には動いてくれないというのが本音です。

その為、なかなか物件売却まで至らないと場合や時間がかかるケースもあるようです。

また、指定流通機構(レインズ)に登録義務はありません。

この一般媒介契約には、二つの形があります。

明示型と非明示型です。

明示型とは、他社との契約も同時に進んでいること。

また、どこの不動産会社との契約なのかを通知しなければいけないものです。

非明示型とは、他社との契約について全く知らせる必要が無いものです。

このように、媒介契約と言っても様々で、自分でも動きたい人や全てをお任せしたい方など売り手側も色々な考えがあります。

その為、契約内容や方法は時間や状況、考え方で選ぶのが良いと思います。

その為には、不動産会社との相性もあります。

最初は、専属専任契約にしておき、一般契約に更新時に 切り替える。

また、全くの逆もあります。

大きい不動産会社が良いのか、

地元の有力な不動産会社が良いのか、

気になる費用は不動産仲介手数料の一覧くらいは知っておくべきですね♪

査定金額だけでなく総合的に考えてみるのもいいでしょう。

不動産無料一括査定会社に、紹介してもらう前に、

金額以外の要望などがあればメールのコメント欄にでも一言書き込むのも、自分に合った担当者を見つける方法の一つです。

不動産屋の業態

不動産屋の業態!不動産査定

不動産屋の業態!不動産査定で失敗しない方法

一昔前までは不動産屋であり不動産業を営む感じでしたが・・・

今では、会社組織になった不動産会社にとって代わりました

不動産業の不動産屋の親父は、不動産会社の社長というわけです。

不動産屋に日参する銀行マンも(不動産屋が銀行に日参するのが実情ですが・・・)

町の胡散臭い不動産業の親父を、社長!と呼ぶようになています。

でも現実は、きな臭い不動産業の実態は全くそのままで、外観だけ変わっただけです。

不動産の動き

巷に流通する不動産はどのような動きかとをするのでしょうか?

八百屋や魚屋さんのように朝一番に売り切れないように不動産市場に行って不動産物件を仕入れに行っているのでしょうか?

この辺がわかっているようでわからないところですね・・・・

わからないから、どこで売ったり買ったりするのか?

実態が不明なのが不動産業界の特徴なのです。

不動産物件の売却依頼は誰にするのが一番?

売りたい不動産物件を所有している権利者にとって

一番高く買ってくれるのは誰か知りたい?

答えは簡単です!

一番高く買ってくれる購入希望者に売却することが、損しない不動産物件売却の方法です!

土地やマンションの高額購入希望顧客を多く抱えている不動産会社に売却依頼をすることが近道です

高額購入可能な優良顧客を探すために大手不動産会社でマンション売却査定を依頼することが重要なのです

不動産会社にとって優良顧客とは高値で不動産物件を購入する顧客なんですね・・・・

ページの先頭へ